この記事では、タックスインボイスについて、またいつ・どのようにしてゲストに対して発行するのかについてご紹介します。 

ゲストにタックスインボイスを発行する必要がありますか?  

アメリカ、中国本土、台湾以外の国に所在する宿泊施設には、ゲストに対してタックスインボイスを発行する義務があります。タックスインボイスは、紙またはメール(またはその両方)で発行できます。  

 

ゲストにタックスインボイスを発行する際、どのような情報が必要ですか? 

1.宿泊施設名  

2.宿泊者氏名  

3.GST/VATを除いた金額  

4.GST(物品・サービス税)/VAT(付加価値税)  

5.合計金額:参照販売料金(税金・手数料を含む包括的な金額)*  

 * 参照販売料金については、アゴダの予約確認バウチャーをご参照ください。 

タックスインボイスのサンプル 

以下は参照用のサンプルですので、テンプレートとしては使用しないでください。タックスインボイスの形式は、宿泊施設所在国の税法(VAT/GSTに関連する法律)によって異なります。 

よくあるご質問 

宿泊施設が政府によって非課税とされている場合はどうすれば良いいですか? 

国や地域によって、法律や規制が異なる場合があります。貴施設に特別な課税措置が適用されている場合は、YCSの[お困りですか?]ボタンをクリックして、弊社アコモデーションサポートチームへご連絡ください。