この記事では、弊社で銀行口座承認リクエストを承認できない場合の処理方法、および承認となるために貴施設にて必要なアクションについてご紹介します。 

 

初めて銀行口座を登録される場合は、こちらの記事をご参照ください。

銀行口座承認リクエストが却下されたことは、どのようにして知ることができますか?

銀行口座承認リクエストが却下されたことは、どのようにして知ることができますか?

銀行口座承認リクエストは全て、5営業日以内に審査されます。また、リクエストの状況は、YCS上で確認することができます。

1.YCSにログインし、「ePass」タブの「振込み口座設定」をクリックします。

上記のスクリーンショットでは、銀行口座の承認ステータスが「保留」になっています。

その他にも、「承認済み」や「却下」というステータスが表示されることがあります。

 

「却下」というステータスが表示された場合、どうしたら良いですか

銀行口座承認リクエストの確認後、貴施設のケースに対して必要な情報を追加でご提示いただくため、弊社の経理チームからご連絡いたします。Biz@agoda.comまたはAC-Bank@agoda.comのメールアドレスからご連絡いたしますので、受信ボックスまたは迷惑フォルダをご確認ください。

 

なお、送信済みの銀行口座承認リクエストの修正は、却下された場合のみ行ってください。リクエストを取り消して新たな申請を行った場合、一連の手続きをすべて再度行っていただく必要があり、承認にはさらに5営業日かかる場合があります。

 

却下される理由にはどのようなものがありますか

SWIFTコード関連 

  • SWIFTコードは、英語アルファベット大文字および数字を含んだ8文字または11文字で構成されます。(例:BBBBUS3M、BBBBUS3MXXX)
  • 日本の銀行の場合、口座番号の前に支店コードをご入力ください。

 

使用不可能な文字 

  • システムで認識されるのは英語アルファベットと数字のみとなっています。すべての項目から英語アルファベット以外の文字を削除してください。
  • 使用不可能な文字が含まれていたことにより口座の登録が却下された場合は、当該メールに記載の通り、ハイライトされた文字を削除してください。
  • 英語アルファベットと数字(0~9)のみ使用可能です。特殊文字(例: = ! “ $ % & : * < > ; , # { } [ ] \ _ ^ | ~ @)は使用できませんのでご注意ください。銀行口座情報に「&」が含まれている場合は、代わりにテキスト形式の「and」を使用してください。

 

IBAN関連 

  • IBANは最大32文字の英数字で構成され、長さは国によって異なります。IBANのプレフィックス(国コードを構成している最初の2文字)にはスペースや「IBAN」という言葉を含めないでください。
  • (例:HU02116000060000000064247067)
  • IBANコードは、スペースなしで入力してください。

 

補足書類の要提示 

  • 一部の国では、政府の規定により、パスポートや身分証明書のコピー、最新の銀行通帳のコピーなどの補足書類も必要となります。
  • YCSの「銀行口座名」欄は、補足書類の口座名と一致するものでなければなりません。
  • 口座名義人の氏名、口座名、銀行名が補足書類に記載されていなければなりません。法人口座の場合は、口座名義人は法人名である必要があります。
  • こうした書類の提示が必要な場合は、弊社経理チームからメールでご連絡いたしますので、提示をご依頼した書類を添付して当該メールに返信してください。