どうやって異なる年齢区分と料金を含んだチャイルドポリシーを設定できますか?

この記事では、異なる年齢区分の年齢規定設定方法をご紹介します。

設定変更方法

最少年齢を設定する場合:

ステップ1.YCS管理画面にログインします。

ステップ2.設定タブから宿泊施設設定ページへ進みます。

ステップ3.年齢規定をクリックします。

ステップ4.「年齢規定」タブをクリックします。

ステップ5.貴施設の規定に応じて、必要な項目の情報を選択します。

ステップ6.保存するをクリックします。

アゴダプラットフォーム上での表示箇所

保存された情報は、アゴダ貴施設掲載ページの「宿泊施設ポリシー」セクションに表示されます。

子どもの年齢範囲・料金を設定する場合:

 

ステップ1.YCS管理画面にログインします。

ステップ2.設定タブから宿泊施設設定ページへ進みます。

ステップ3.年齢規定をクリックします。

ステップ4.「子どもに関する基本設定」をクリックします。

ステップ5.年齢範囲および年齢規定の概要を更新します。

ステップ6.各料金プランにおいて[保存する]をクリックして、テンプレートを適用します。
ステップ 7.「子ども料金」セクションに進み、各子ども年齢区分の料金を入力します。サイトコントローラーから子ども料金のデータが送信される場合、ここには金額を入力しないでください。

ステップ 8.編集内容をすべて保存します。

【備考】これらはあくまでテンプレートとなります。各料金プランにおいて[保存する]をクリックして、テンプレートを適用する必要があります。

 

子ども年齢区分・料金のセットを料金プランに反映する方法

ステップ1.YCS管理画面にログインします。

ステップ2.「設定」タブから「料金プランの設定」に進みます。

ステップ3.設定したい料金プランをクリックします。

ステップ4.「子ども料金」タブをクリックします。

ステップ5.「子ども料金 適用済み」欄の[はい]をクリックします。

ステップ6.[基本設定と同内容を反映する]をクリックして、「宿泊施設設定」ページ経由でテンプレートを適用します。

ステップ 7.同じページで、「このルームタイプの子ども料金を変更する」をクリックすると、特定のルームタイプの子ども料金設定を変更することができます。

ステップ 8.編集内容をすべて保存します。